太陽光発電投資

太陽光発電投資は「ソーラー年金」として多くの人が活用中!

高い利回り約10%  マンション投資(3~6%)に比べとても高い利益。

20年の安定収入  法律により20年間の売電収入が約束されたビジネスです。

メンテナンスも楽々   除草、電気点検など最低限のメンテナンスでOK。

高利回り・長期収入・確実、三拍子そろった太陽光発電投資は今がチャンス!

販売施設紹介

※随時掲載

茨城県筑西市32円低圧

​設置容量              59.325kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      売買    

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系開始       2019年 3月

IMG_20190322_104138_edited.jpg

販売可

茨城県つくば市21円低圧

​設置容量              62.2kW

FIT価格             21円   

​土地取引形態      売買 

​モジュール       ジンコソーラー

​連系時期      2021年 1月

IMG_20210114_111234_edited.jpg

売却

稼働済

千葉県匝瑳市311.85kW

​設置容量              311.85kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      地上権   

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系時期        2018年 9月

㈱GEトラスト様高圧案件ドローン写真1.jpg

連系済

株式会社GEトラスト

東京都千代田区麹町3-5-4 麹町インテリジェントビル9階TEL  03-6261-5947    FAX  03-6261-5948

GEソーラー 3つのプレミアム

Place

​人気の関東エリア、中でも日射量が豊富な千葉県北部・茨城南東部が中心。系統容量が残り少なく希少価値あり!

Modula

実発電量がすごい!安心の国産ソーラーフロンティア。稼働後2~3年はさらに発電量が上昇!まさにプレミアム!

Constrcution

大手住宅メーカーによる高品質施工。見えないところも手を抜かないので、見た目にも美しい仕上がりです。

今月のCEO Message

~ 代表 久保田 誠二のメッセージ ~

9期目を迎え                                   2021年  10

 10月1日、GEトラストは創立第9期目を迎えることができました。8期は低圧発電所を二つ販売し、350kWの高圧発電所を茨城県城里町に、低圧発電所を同じく茨城県の神栖市に自社所有しました。これによって念願の「会社運営費を売電収入で完全にまかなえる」状態となりました。感慨もひとしおです。

 累計の借入残高は1億近くとなりこれ以上借り入れは難しいと考えていましたが、過去の売電実績と着実な経営が認められ、追加の借り入れが可能となりました。発電所の建設コストが、当初に比べ大幅に下がったことも大きかったと思います。発電所を建設したのは春だったのですが、その後部材がコロナの影響で急速に上がったことを考えると、一番良いタイミングで発電所を持つことができました。

 

 自戒のため毎年記していますが、日本で設立された会社で1年もつのは4割、5年で100社中15社、10年で6社です。今年で9期目ですから、100社のうちの6社になれることは確実で、誇らしい気持ちでいっぱいです。更に言うと20年サバイブできるのは1000社中4社という更に厳しい数字となるのですが、そこまでは大丈夫だと確信しております。現在の目標はあと21年!現在私59歳なので、あと21年80歳まで現役で頑張りたいという気持ちです。

 

 サラリーマン時代の博報堂の同期が、そろそろ定年を迎え始めました。40年近くを大過なく勤め上げ、心から偉いなあと思います。定年後の再雇用の待遇も、社会全体の流れを受けて徐々に良くなっているようです。しかしながら定年祝いの会食をしていると、やはり一抹の寂しさは漂います。昨日まで役職付きでバリバリとチームに指示を飛ばしていたのに、ある日を境に突如閑職となり部下もいない。会社という組織の新陳代謝のためには仕方のない事なのですが、正直不思議な感じも致します。そしてそうした同期の姿を見ていて、一生働けるようにチャレンジして良かったと喜びをかみしめる今日この頃なのです。

 

 今後15年程度は、FITのおかげで何もしなくても会社は回っていくでしょう。しかし20年となるとそうはいきません。アフターFITで、継続可能なビジネスモデルを築けなければなりません。新しいステージで何ができるのか、新たな挑戦が始まります。

 と同時にお天道様が上がれば売上げも上がる素晴らしい世界を持っておりますもので、映画、演劇、登山など趣味にもたっぷりと時間を注ぎ、美味しいお食事とお酒を楽しみつつ人生のプライムタイムを堪能しようと思います。

新疆ウィグル問題と太陽光                    2021年  9

 ちょっと前になりますが大手ゼネコン企業と打ち合わせていた際、最近の太陽光パネルの価格は昨年の底値に対して2,3割程度上がっていると説明しました。そうすると先方から「それに関しては、新疆ウイグル問題が絡んでいると聞いている」とのコメントがありました。我々は太陽光パネルの値上がりは、コロナと中国本土の需要増加、日本市場の縮小化に伴う値上がりだと考えておりました。改めて情報を集めなければと考えていた矢先、その数日後日経に大きな記事が掲載されました。

 

 タイトルは「ウイグル問題 太陽光発電に影」。以下、記事の内容を記します。太陽光パネルの主な原材料であるシリコンは、世界シェアの4割が新疆ウイグル地区で生産されている。元々事故や火災でシリコンが品薄になっていたところにバイデン政権が5月、強制労働を理由に中国製パネルを貿易制裁の対象に検討していると明らかにした。これによりウエハーやパネルメーカーが在庫積み増しに動き、一気に価格が上昇した。シリコン価格はこの1年で5倍に高騰、それに伴って太陽光パネルもワットあたり30~35円と1年間で3,4割上昇した。

 

 太陽光パネルが高くなっていることは認識しておりましたが、新疆ウイグル問題との関係性は把握しておりませんでした。ウイグル問題が我々の足下にも及んでいたとは、これがグローバル経済ですね。驚くと共に、もっと積極的に外に出て様々な人から常に情報を収集しないといけない、と強く感じました。太陽光の売電収入だけで食っていけるようになり、ややもするとアグレッシブさに欠けていたのかもしれません。反省しきりです。アフターFITのビジネスモデル構築に向け、気を引き締めないと。そして、今年作った二つの発電所は実に良いタイミングだったと胸をなでおろしたのでした。運も経営のうち!これからも良い流れを引き寄せられるよう「動き回る」事に努める所存です。