太陽光発電投資

太陽光発電投資は「ソーラー年金」として多くの人が活用中!

高い利回り約10%  マンション投資(3~6%)に比べとても高い利益。

20年の安定収入  法律により20年間の売電収入が約束されたビジネスです。

メンテナンスも楽々   除草、電気点検など最低限のメンテナンスでOK。

高利回り・長期収入・確実、三拍子そろった太陽光発電投資は今がチャンス!

販売施設紹介

※随時掲載

千葉県銚子市24円低圧

​設置容量              61.2kW

FIT価格             24円   

​土地取引形態      売買    

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系開始       2019年 9月

販売可

茨城県つくば市21円低圧

​設置容量              62.2kW

FIT価格             21円   

​土地取引形態      売買 

​モジュール       ハンファQセルズ

​連系想定時期    2021年 春

成約済

千葉県匝瑳市311.85kW

​設置容量              311.85kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      地上権   

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系時期        2018年 9月

連系済

株式会社GEトラスト

東京都千代田区麹町3-5-4 麹町インテリジェントビル9階TEL  03-6261-5947    FAX  03-6261-5948

GEソーラー 3つのプレミアム

Place

​人気の関東エリア、中でも日射量が豊富な千葉県北部・茨城南東部が中心。系統容量が残り少なく希少価値あり!

Modula

実発電量がすごい!安心の国産ソーラーフロンティア。稼働後2~3年はさらに発電量が上昇!まさにプレミアム!

Constrcution

大手住宅メーカーによる高品質施工。見えないところも手を抜かないので、見た目にも美しい仕上がりです。

今月のCEO Message

~ 代表 久保田 誠二のメッセージ ~

再エネは主力電源に​​             2020年 11月

 10月末の菅総理の所信表明で、「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言しました。ようやく、という感想です。ヨーロッパや中国などはいち早く温暖化ガスゼロを掲げ、それに向かって再エネ産業を活性化させようと様々な施策を打ち出しています。日本は温暖化ガスの少ない火力発電だの、再開できない原発だのをあてにして、再エネメインになかなか進みませんでしたが、これを受けて来年改訂されるエネルギー基本計画が再エネを主力電源と定めるのは必至でしょう。遅まきながら世界のトレンドに追いつこうというところです。

 

 これに伴い、具体的な施策も動き始めました。一つにはFIT(フィードインタリフ)にかわるFIP(フィードインプレミアム)制度です。今年8月に経産省が制度の詳細設計を発表しました。FITは再エネを固定価格で20年買い取る仕組みでしたが、FIPは市場価格にプレミアムを交付して投資性向を高めるという仕組みで、2022年4月から開始されるとのこと。FIP認定事業者自ら卸売市場で取引する、FIP認定事業者と小売事業者間で取引する、アグリゲイターが複数のFIP認定事業者を取りまとめて市場に卸していく、大きく言ってこの三つの取引になります。

 

 キーになるのはアグリゲイターです。ほとんどの再エネ発電事業者は我々と同じように小規模なので、今後はそれらを束ね需給管理を行い、蓄電池等活用して分散&統合していくプレイヤーが求められます。最近も東芝がアグリゲータービジネスに乗り出すといったニュースがありました。エネルギーを事業化しようとする企業には、ここでのポジション取りは極めて重要になります。再エネがメイン電源になった時、従来の大手電力の代わりに多くのアグリゲーターが群雄割拠する戦国時代のような形になるのかもしれません。ちょっとワクワクします。

 またこの施策は、アフターFITの再エネを継続させるためのものでもあります。FITが終わった発電所も稼働していかなければ、再エネのシェアは高めることは出来ません。我々発電事業者が、発電所を持ち続けるモチベーションを持てるよう、努力すればキチンと利益が上がるよう、バランスの取れた制度・価格設計を期待しております。

8期目を迎え       ​​         2020年 10月

 10月1日、GEトラストは創立8期目を迎えることができました。7期は自社所有の低圧発電所を新たに4つ所有し、会社運営費をほぼ売電でまかなえる状況に。これは会社を立ち上げた時のゴールイメージです。しかしながら手元に大きな資金もない、看板もない当時としては夢のような話で、創業メンバー4人、「せめて一人一つは低圧発電所を持ちたいよね」と言っていたのがリアルな目標だった気がします。

 結局他の3人のメンバーは、いざ仕事を始めてみたら御託ばかり並べ身体を動かさない、お金も出さないのでお引き取り頂きました。でもそれが良かった。世界中の誰も助けちゃあくれない、自分一人で戦うしかないんだと覚悟が定まり、退路を断って死ぬ気で頑張ったのが功を奏したのです。

 

 1期目は千葉、茨城の田舎で発電所の開発を行いながら、ブローカーのようなこと(よく言うと事業プロデュ―ス)もやって日銭を稼ぎました。自分の手銭1000万に加え、カードローンでMAXの400万円借り入れたのですが、期末近くには生活費含めた全財産が20万円に。残っていた創業メンバーが「よく気が狂いませんね」と言い捨てて去った直後に、プロジェクトがまとまって数千万円の入金があったのです。本当にギリギリ。1か月遅れていたら人生崩壊。よく生き延びたと思います。

 2期目からは自社開発した発電所を販売することができ、売り上げは一気に2億。太陽光バブルを迎えた3,4期は大型発電所を中心に4億程度売り上げ、その後は低圧の販売と売電収入で1億程度と、経営を安定させることができました。

 この8年、かたや太陽光バブルで儲けた多くの企業が倒産しました。ポルシェを購入したり、赤坂にだだっ広いオフィス構えたり、綺麗な秘書を雇ったり。皆、泡と消えてゆきました。手にした利益に目がくらみ「もっと、もっと」になってしまったのでしょう。「自社で発電所開発を行う」「売電で食っていけるようにする」「規模を大きくしない」最初に定めた原則を徹底し、毎年毎年事業計画、融資計画を丁寧に練り直し、日々即時対応してきたからここまで来れました。

 

 自戒の意味を含め毎年記していますが、日本で設立された会社で1年もつのは4割、5年で100社中15社、10年で6社です。今後爆発的なミスを犯さない限り、選ばれた6社になれます。更に言うと20年生き残れるのは1000社中4社しかないのですが、そこも大丈夫だと確信しております。 

 今期8期には350kWの発電所を茨城に自社所有し、それに伴って現在所有している小さめの発電所をいくつか販売する予定です。9期以降は販売する発電所もほぼなくなり、売電事業がメインとなってきます。お天道様が出れば売上げが上がり、O&Mは渡邉君が行うので、私はヒマ。映画、演劇、登山など趣味に時間を充て、美味しいお食事とお酒を味わいつつ、人生の収穫期を迎えようと思います。

 

 それもこれも、全ては太陽光事業のおかげです。ね、太陽光事業は素晴らしいでしょ。皆さん、もしお金をお持ちでしたら、今からでも是非!(笑)

Copyright(c) GE Trust Co. All Rights Reserved.