太陽光発電投資

太陽光発電投資は「ソーラー年金」として多くの人が活用中!

高い利回り約10%  マンション投資(3~6%)に比べとても高い利益。

20年の安定収入  法律により20年間の売電収入が約束されたビジネスです。

メンテナンスも楽々   除草、電気点検など最低限のメンテナンスでOK。

高利回り・長期収入・確実、三拍子そろった太陽光発電投資は今がチャンス!

販売施設紹介

※随時掲載

茨城県筑西市32円低圧

​設置容量              59.325kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      売買    

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系開始       2019年 3月

IMG_20190322_104138_edited.jpg

販売可

茨城県つくば市21円低圧

​設置容量              62.2kW

FIT価格             21円   

​土地取引形態      売買 

​モジュール       ジンコソーラー

​連系時期      2021年 1月

IMG_20210114_111234_edited.jpg

売却

稼働済

千葉県匝瑳市311.85kW

​設置容量              311.85kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      地上権   

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系時期        2018年 9月

㈱GEトラスト様高圧案件ドローン写真1.jpg

連系済

株式会社GEトラスト

東京都千代田区麹町3-5-4 麹町インテリジェントビル9階TEL  03-6261-5947    FAX  03-6261-5948

GEソーラー 3つのプレミアム

Place

​人気の関東エリア、中でも日射量が豊富な千葉県北部・茨城南東部が中心。系統容量が残り少なく希少価値あり!

Modula

実発電量がすごい!安心の国産ソーラーフロンティア。稼働後2~3年はさらに発電量が上昇!まさにプレミアム!

Constrcution

大手住宅メーカーによる高品質施工。見えないところも手を抜かないので、見た目にも美しい仕上がりです。

今月のCEO Message

~ 代表 久保田 誠二のメッセージ ~

事業をスタートして8年           2021年  5

 4月18日、茨城県城里町のパネル出力348kWのミドルクラス発電所が系統連系されました。これで合計16、発電出力にして2メガ程度太陽光発電所を所有するに至りました。年間の発電量は200万kWに達します。

 今回の発電所も、様々な苦労がありました。当初FIT24円の権利獲得を目指していたですのが、申請作業の詰めの甘さで21円に後退。さらにはその遅れによって東京電力の送電容量が無くなってしまい、一時は事業を断念せざるを得ませんでした。その後東電が系統の増強工事をすることになり奇跡的に復活。土地もラッキーなことに売れ残っていて、即購入。住宅地にあるため周辺の方々と何度も折衝を重ねました。なかにはこの土地で長年無断で畑を作っている人などもいて、年間1000円でそのまま使わせろなどという横暴な要求もありましたっけ。ようやく工事にたどり着いたと思ったら、元々の開発業者が数十年前良い土を売っぱらって代わりに石を入れたらしく、地中に大きな石がゴロゴロして杭が入らず難工事に。様々なハードルを乗り越えて完成したのです。

 

 思えば2013年に起業して8年、我ながら良くやったなあというのが正直な感想です。私は元博報堂、映画演劇の監督、出版社という経歴なので、最初再エネについては全くの素人でした。資金も自己資金のみで、それも数百万円程度で全く足りない。パートナーたちは口ばっかりで汗を流さない。創業1年間は無給かつ無休、一心不乱に働いてようやく成功の糸口をたぐりよせたのです。

 最初は低圧発電所のブローカーを試みて箸にも棒にもかからず失敗。そこでメガ発電所のトータルプロデュースに舵を切って事業資金を稼ぎ、さらに茨城・千葉に特化した土地・権利の取得へと方向転換して事業を波に乗せました。成功した起業家のお客様たちと関係を築けたことも大きかった。

 

 事業スタート時、売電収入によって暮らせていけるようになったらいいよねという夢はあったのですが、当初それはあくまでも夢に過ぎませんでした。今回の発電所を所有したことで、年間の売電額は6000万円に達し、遂に最初に描いていた夢が実現することとなりました。様々な苦労、喜び、失敗、成功が走馬灯のように頭をよぎります。

 今回の発電所の完成で、創業以来開発してきた権利は全て使い切りました。権利を過不足無くぴったりと売買・所有して当初の事業ゴールに到達するとは、我ながら素晴らしい経営力だと思います。今回は自画自賛になってしまいましたが11連休でゆっくりと静養し、再エネの新たな事業モデルが構築できるようもうひと頑張りしたいと考えております。

Before

After

IMG_20210316_095335.jpg

アフタ―FITの太陽光             2021年  4

 先日日経一面に、「NTT、セブンに再エネ」との記事が出ていました。NTT(NTTアノードエナジー)が千葉県内にセブンアイ専用の太陽光発電所を2か所新設し、6月から首都圏のセブン40店に電力を供給するという内容です。ここで注目すべきは、対象の店舗は電力供給を東京電力からNTTに切り替えるという点です。昨年の7月、NTTが再エネのメインプレイヤーのポジションを目指してグループ企業を再編していると記しましたが、ようやく実例が出始めたようです。

 

 この形態はPPA(Power Purchase Agreement)と言い、売電事業者と需要者が直接電気の売買契約を結びます。需要者は特定の太陽光発電設備から、「再生可能エネルギーの指名買い」ができるようになり、「当社は100%太陽光発電由来のエネルギーを使用しています」と言えるようになるのです。

 今回のプロジェクト自体は小規模ですが、供給先がセブンアイなのはさすがNTTです。今後もセブンアイグループはどんどん再エネにシフトするので、そこの商流を押さえられれば今後の成長間違いなしという事です。業界トップがこうした動きをすることで、競合コンビニや流通も遅かれ早かれ再エネにシフトしていくでしょう。またこれがパブリシティになり、「再エネはNTT」となってビジネスが一気に拡大する可能性もあります。東京電力も頑張らないと。

 

 実は我々もこうした動きを見越し、今年NTTグループの情報をヒアリングに行ったのですが、コラボなど実作業は3年後くらいですかねえとお話ししました。しかし今回の記事です。時代は一気に動くので注意を怠らず、大手が手を付けようとしないミドルクラスのアフターFIT太陽光発電所の開発にせっせと動いていくつもりです。