太陽光発電投資

太陽光発電投資は「ソーラー年金」として多くの人が活用中!

高い利回り約10%  マンション投資(3~6%)に比べとても高い利益。

20年の安定収入  法律により20年間の売電収入が約束されたビジネスです。

メンテナンスも楽々   除草、電気点検など最低限のメンテナンスでOK。

高利回り・長期収入・確実、三拍子そろった太陽光発電投資は今がチャンス!

販売施設紹介

※随時掲載

千葉県銚子市24円低圧

​設置容量              61.2kW

FIT価格             24円   

​土地取引形態      売買    

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系開始       2019年 9月

販売可

茨城県つくば市21円低圧

​設置容量              62.2kW

FIT価格             21円   

​土地取引形態      売買 

​モジュール       ハンファQセルズ

​連系想定時期    2021年 春

販売中

千葉県匝瑳市311.85kW

​設置容量              311.85kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      地上権   

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系時期        2018年 9月

連系済

株式会社GEトラスト

東京都千代田区麹町3-5-4 麹町インテリジェントビル9階TEL  03-6261-5947    FAX  03-6261-5948

GEソーラー 3つのプレミアム

Place

​人気の関東エリア、中でも日射量が豊富な千葉県北部・茨城南東部が中心。系統容量が残り少なく希少価値あり!

Modula

実発電量がすごい!安心の国産ソーラーフロンティア。稼働後2~3年はさらに発電量が上昇!まさにプレミアム!

Constrcution

大手住宅メーカーによる高品質施工。見えないところも手を抜かないので、見た目にも美しい仕上がりです。

今月のCEO Message

~ 代表 久保田 誠二のメッセージ ~

個人投資家の変化  ​​            2020年 8月

 6月から個人投資家向けのイベントに出展しています。恵比寿のこじんまりとしたビルで、月に一度、日曜日の昼間に行われています。出展社は当社含め4,5社で、マンション投資と民泊投資、太陽光は当社のみです。一般投資家40人前後が、主催者の不動産投資のページを見て来場されます。

 元々当社の顧客は超富裕層がメイン。ネット経由のお客様は他社と細かく比較したり、融資が難しかったりと手間暇がかかる割に成約に至らず、正直言ってちょっと敬遠しておりました。来年350kWの発電所を自社所有するので更なるキャッシュを要し、稼働済み低圧発電所をいくつか売る必要が出てきたので、贅沢なことも言ってられず出展を決めました。

 

 出展してみて、投資のトレンドが変化しつつあることを実感いたしました。民泊投資の出展者もありますが、コロナでインバウンドが消滅した現在ではなかなかに厳しい状況です。ここのところずっと好調だったマンション投資も、オフィス需要が激減したり、テレワークで住まいに対する概念が変わったりと、コロナの影響をもろに受けているようです。来場されたお客様は口々に「今後マンションは厳しいと思って」「投資をいくつかに分散してリスクヘッジしたい」とおっしゃり、当社のブースに立ち寄られます。

 ほとんどの方は太陽光投資についてあまりご存じないのですが、当社では太陽光投資の基本からわかりやすくまとめてあるので、「とてもよくわかりました」とご納得頂けます。理解した多くの方が、太陽光投資を真剣に検討し始めるのです。

 

 一般の方が太陽光投資に参入し始めてしばらく経ちますが、コロナによってその勢いはグッと加速しそうです。何度も申し上げます通り、コロナで世の中がストップした4、5月も発電所は全く影響受けずに発電し、現金をたくさん稼いでくれました。コロナで世界が大混乱に陥るなか、太陽光は微動だにいたしません。FITは18円で終了したので、投資案件の数には限りがあります。みなさま、太陽光投資はラストチャンスなのです!

 ちょっと想定外だったのは今年の梅雨。記録的な日照時間の少なさで、7月分の売電収入は絶不調。コロナどこ吹く風でも、気候変動の影響は如実に受けることを痛感している今日この頃でございます。

NTTグループの再エネ参入  ​​      2020年 7月

 昨日の日経一面に「NTT、再生エネ本格参入」とデカデカと出ました。2030年までに累計1兆を超える投資をして、再エネで750万キロワットの発電量を確保する。しかも電力会社に頼らず、独自の発送電網を持つ。将来は四国電力一社分を上回る再エネ容量を持ち、日本の再エネ市場の一割を握る目論見なのだとか。

 いやあ、ダイナミックな事業戦略。びっくりしました。NTT、こう来たか。確かに大手電力会社と伍して戦えるのは、日本全国を網羅するインフラを既に持ち、巨大な資本と人的資源を持つNTTグループくらいしかないかもしれません。事業を統括するのはNTTアノードエナジー。昨年、NTTスマイルエナジー(エコメガネ)元社長さんがアノードエナジーに異動して、一体何をやるんだろうと思っていました。今回気づいたのですが、スマイルエナジーは昨年アノードエナジーの子会社になっている。それらは今回の事業戦略の一環だったのですね。ようやく腹に落ちました。 

 

 現在エネルギービジネスは、三つのDを基軸に再編されつつあります。脱炭素(decarbonization)、分散化(decentralization)、デジタル化(digitalization)です。世界はエネルギーの脱炭素に向けて大きく舵を切っており、再エネは20年後世界で4割を占める最大の電源になる予定です。原子力や火力などの大規模発電所から消費者に届けるやり方から、再エネで発電した電気を地元で使う地産地消の形、これが分散化です。さらに、天候や時間で変動する再エネを、デジタル技術でコントロールすることが求められます。欧州ではこれらが主流になりつつあるのですが、日本は福島の原発事故があったにもかかわらず大手電力が旧来のやり方を踏襲し、全く進んでいません。まあ大手電力は旧ビジネスモデルで成り立っているのですから、変革するモチベーションに乏しいのは当たり前かもしれません。しかしながらNTTの場合は通信市場が飽和する中、新参者として再エネを取りに行くわけですから、相当なチャレンジが期待できます。

 

 2012年の再エネ法施行で、再エネ市場は太陽光を中心に一気に拡大しました。土地に由来し巨大資本を要しないビジネスなので、大手ができにくい状況でした。だからこそ我々の様な会社も生き残れたわけです。しかしながらFIT制度が事実上終了したこれからは、事情が異なります。NTTが本気で再エネに参入して電力市場の競争環境が一変、エネルギーのパラダイムシフトが起きて3Dで再エネが基幹電力となる。その日が今から楽しみですし、我々も出来ることがあればお手伝いしたいと思います。

Copyright(c) GE Trust Co. All Rights Reserved.