太陽光発電投資

太陽光発電投資は「ソーラー年金」として多くの人が活用中!

高い利回り約10%  マンション投資(3~6%)に比べとても高い利益。

20年の安定収入  法律により20年間の売電収入が約束されたビジネスです。

メンテナンスも楽々   除草、電気点検など最低限のメンテナンスでOK。

高利回り・長期収入・確実、三拍子そろった太陽光発電投資は今がチャンス!

販売施設紹介

※随時掲載

茨城県筑西市32円低圧

​設置容量              59.325kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      売買    

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系開始       2019年 3月

IMG_20190322_104138_edited.jpg

販売可

茨城県つくば市21円低圧

​設置容量              62.2kW

FIT価格             21円   

​土地取引形態      売買 

​モジュール       ジンコソーラー

​連系時期      2021年 1月

IMG_20210114_111234_edited.jpg

売却

稼働済

千葉県匝瑳市311.85kW

​設置容量              311.85kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      地上権   

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系時期        2018年 9月

㈱GEトラスト様高圧案件ドローン写真1.jpg

連系済

株式会社GEトラスト

東京都千代田区麹町3-5-4 麹町インテリジェントビル9階TEL  03-6261-5947    FAX  03-6261-5948

GEソーラー 3つのプレミアム

Place

​人気の関東エリア、中でも日射量が豊富な千葉県北部・茨城南東部が中心。系統容量が残り少なく希少価値あり!

Modula

実発電量がすごい!安心の国産ソーラーフロンティア。稼働後2~3年はさらに発電量が上昇!まさにプレミアム!

Constrcution

大手住宅メーカーによる高品質施工。見えないところも手を抜かないので、見た目にも美しい仕上がりです。

今月のCEO Message

~ 代表 久保田 誠二のメッセージ ~

洋上風力に思う                           2022年 8、9月

 2021年暮れ、政府公募の洋上風力プロジェクト第1ラウンドのコンペは三菱商事が落札しました。当該コンペの対象地は秋田県能代市、千葉県銚子市など。決め手は価格で、1kW11.99円は2番手と5円以上の開きがあったそうです。競合他社からは「(落札価格で応札すれば)年数十億円の赤字が出る」との声も。三菱商事はアマゾン、キリンと組みましたが、この2社は既に三菱商事系企業とPPA(電力購入契約)による再エネ電力の供給で連携すると公表しており、NTTアノードエナジーと三菱商事は、蓄電池などを活用した電力需給システムやNTTグループ企業への電力供給で連携していくことを表明しています。三菱商事コンソーシアムが低価格で札を入れたのは、将来的にこうした大口需要家に電力を供給することで、FIT価格に加えて環境価値のプレミアムを見込めると想定しているとのこと。

 

 こうした取り組みは大企業にしかできません。割を食ったのは再エネ新興企業のレノバ。 第1ラウンドの秋田沖では、レノバが有力と言われていたようです。レノバは当社と同時期に再エネに取り組み始め、何度かお邪魔したこともあるので親近感があります。その後金融ネットワークと結びついて急拡大。今や年間売り上げ300億円のプライム市場企業ですが、このコンペの結果を受けて株価は6000円から2000円に下落。時価総額は6000億から2000億に。こういった経緯を見るに、やはり無理して風力に手を出さなくてよかったとしみじみ思ったのでした。

 

 2016、7年頃、太陽光で成功した事業者は「次は風力だ」と、儲けた金で小風力を次々に設置しました。小風力バブルで東北を中心に数多くの土地が売買されましたが、結果は惨憺たるもの。今まで利益が上がっているという小風力発電所の話を聞いたことはありません。そもそも太陽光のように数十年に渡るトラックレコードも無いし、精緻なシミュレーションソフトも無かったのです。そして小風力の先には大規模風力、洋上風力などの有望な市場が見えていましたが、我々には身分不相応。規模がキーファクターとなるマーケットで、我々の様な零細事業者は決して相撲をとれぬ土壌だと考え、風力には一切触らないと当時決断したのです。今は太陽光の売電収入だけで10数年は食っていける状況で、ダイナミックな洋上風力のコンペ話を興味深く聞き流しつつ、アフターFIT太陽光をちょこっと事業化できないか模索する日々。正しい経営判断の上に、余裕の日々があるのです。

猛暑と太陽光                             2022年 7月

 今年関東の梅雨明けは6月27日。梅雨入りが6月6日だったので、梅雨はわずかに3週間。例年1か月半程度はありますから、異常です。しかも6月25日から7月3日まで、6月なのに9日連続の猛暑日が続きました。東京電力管内では、6月27日から3日連続で電力ひっ迫注意報が発表されました。誇らしいのは電力ピーク需要5300万キロワットのうち、約3割を太陽光発電が担ったことです。原発が再稼働できず火力が抑制される中、照りつける太陽を活用して電気を生み出す我々の事業の意義を、再確認することができました。自治体やメディアがかまびすしく太陽光を批判しても、着実に人々のお役に立っているのです。

 

 気候の温暖化はもちろん日本だけでなくグローバルに進んでおり、6月末には世界数十か所の気象観測所で過去最高となる日中気温を記録しているそうです。今後は熱波による死者数が、寒波による死者数を補って余りあるほど増え続けていくと予想されているそうです。2003年にはヨーロッパで熱波により7万人以上が死亡、2017年にはフランスで1500人以上が死亡。アメリカ海洋大気庁は「湿球温度」で人間の生存限界は35℃としているそうですが、1979年から2017年までに31℃を超えた事例が7,000回以上、33℃を超えた事例が250回以上発生しているとのことです。さらにはペルシャ湾や紅海周辺といった多くの場所で、わずか数十年のうちに湿球温度で35℃の閾値を超える可能性があるとして対策を急ぐよう求めているとのこと。

 対策と言っても何ができるのでしょうか?「ヒート・ウェイブ」を著したNY大学のエリック・クライネンバーグ教授は、既存のエネルギー供給システムを、今では格段に安くなった再生可能エネルギーに刷新することに対応の可能性があるのではないかと。教授はシカゴ出身だそうですが、1995年に700人死んだシカゴ熱波に対し、太陽光をベースとしブロックチェーン技術で個別対応する、そんなイメージでしょうか。私はこのたびの6月猛暑攻勢で、実感いたしました。太陽が地球を暑くするなら、それを冷ますのにも太陽の力を借りよう。とても無理がない考えだと思うのです。