太陽光発電投資

太陽光発電投資は「ソーラー年金」として多くの人が活用中!

高い利回り約10%  マンション投資(3~6%)に比べとても高い利益。

20年の安定収入  法律により20年間の売電収入が約束されたビジネスです。

メンテナンスも楽々   除草、電気点検など最低限のメンテナンスでOK。

高利回り・長期収入・確実、三拍子そろった太陽光発電投資は今がチャンス!

販売施設紹介

※随時掲載

茨城県筑西市32円低圧

​設置容量              59.325kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      売買    

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系開始       2019年 3月

IMG_20190322_104138_edited.jpg

販売可

茨城県つくば市21円低圧

​設置容量              62.2kW

FIT価格             21円   

​土地取引形態      売買 

​モジュール       ジンコソーラー

​連系時期      2021年 1月

IMG_20210114_111234_edited.jpg

売却

稼働済

千葉県匝瑳市311.85kW

​設置容量              311.85kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      地上権   

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系時期        2018年 9月

㈱GEトラスト様高圧案件ドローン写真1.jpg

連系済

株式会社GEトラスト

東京都千代田区麹町3-5-4 麹町インテリジェントビル9階TEL  03-6261-5947    FAX  03-6261-5948

GEソーラー 3つのプレミアム

Place

​人気の関東エリア、中でも日射量が豊富な千葉県北部・茨城南東部が中心。系統容量が残り少なく希少価値あり!

Modula

実発電量がすごい!安心の国産ソーラーフロンティア。稼働後2~3年はさらに発電量が上昇!まさにプレミアム!

Constrcution

大手住宅メーカーによる高品質施工。見えないところも手を抜かないので、見た目にも美しい仕上がりです。

今月のCEO Message

~ 代表 久保田 誠二のメッセージ ~

熱海の土石流に思うこと                     2021年  7

 熱海で大規模な土石流が発生し、多くの家屋が流され死者が出ています。災害現場のあたりは山沿いで小高く、海が一望できる景勝地。私も何回か訪れのんびり昼酒を楽しんだことがあるので、とてもびっくりしました。まさかあの一帯があんなに広く深く流されるなんて。

 

 土石流の原因は、起点となったエリアの盛り土だと言われています。木を伐採して元あった沢を、建設残土で大規模に埋めたらしいのです。なので山体崩壊ではなく、建設残土の集積地がえぐられたと。それは崩壊してもおかしくないなあ、と経験からわかります。我々も多くの発電所で、小規模ながら水の流れの知見を積んでいるからです。木の生えている土地を伐根・伐採・造成すると、木による保水性を失って水道(みずみち)ができます。水道を放っておくと、段々と大規模に土地を侵食するようになり、ゆくゆくはパネルを支える架台に影響を及ぼしてしまうのです。なので我々は水道周辺にあえて雑草を繁茂させたり、防草シートで水の流れを分散したり、排水溝を作ったりときめ細かい工夫で土地の浸食を日々防いでいるのです。熱海の災害はそのスケールアップ版であり、とても他人事とは思えません。

 

 被害に遭われた方の多くは、自分が沢を埋めた土地に暮らしているとは知らなかったのではないでしょうか。専門家によると、こういったリスクのある土地は日本に数十万か所あり、熱海のように3日で400ミリの雨が降ったらどこでも崩壊する危険があるそうです。それを防ぐには自分がどういう水系のどんな場所に住んでいるかを把握するため、居住地に降った雨の水が流れ込む川を確認し、一度源流まで自力で行ってみる必要があるとのこと。いやあ、なかなかそこまではできませんよね。

 

 ニュース映像を見ると、崩落地のすぐ横に太陽光発電所があります。ここが起点に土石流が起きたら、世の中的にはまた太陽光バッシングが起きたことでしょう。鬼怒川の決壊を思い出します。まずは大災害の原因が太陽光発電所でなくてよかった。しかしながら横の発電所は、崩落地と同じような形状の南斜面に設置されています。パネル設置のために伐根・伐採・造成を行っているので、今回の様な大雨が降れば水道ができて土地を侵食し、崩落の危険性が高まります。発電所所有者も、大雨のたびに気が気でないのではないでしょうか。太陽光発電所設置の土地選びがいかに重要か。我々の行ってきた土地選び・土地に対するメンテナンスがいかに正しかったか。深く思い入った次第です。

オリンピックとコロナ           2021年  6

 あと2ヶ月を切ったオリンピックに関し、各種調査では国民の6、7割が「延期か中止にすべき」との意見だそうです。なぜこうなってしまうのでしょう。多くはマスコミやネットのネガティブな意見に流され、なんとなく「止めた方がいいんじゃない」という感情になっているのではないでしょうか。コロナ感染対策分科会の尾身会長が「今の状況でやるというのは普通はない」と発言したらしいのですが、何が「普通」なのか。「大会を開く際は、一体何のためにやるのか明言すべきだ」などと、調子に乗って越権行為をしているとしか思えません。オリンピックを開催するのに「その理由を述べよ」とは、その発言こそが普通ではないと考えます。

 

 東京の新規感染者数は本日約500人で、ピーク時の5分の1。緊急事態宣言をズルズルと続けている効果もあるのか、明らかに減少傾向です。さらにワクチン接種した人は全国で1000万人を超え、7月末には高齢者接種が終了する見通しです。状況は改善しつつあり、オリンピック開催時にはさらに好転している可能性が高い。なぜそうした客観的な事実をベースに思考しないのか。

 また、開催するにしても最悪無観客で、選手も行動を規制すれば感染拡大には結びつかないはずです。元来オリンピックは開催するだけで価値があるものだし、開催すれば日本がコロナをある程度抑え込めた国際的なプレゼンテーションとなるし、アスリートたちによる感動は無形資産となって後世まで残る。更には経済的な効果もある程度見込める。と言うか、開催しなければ経済的なデメリットが拡大する。

 

 どう考えてもここは無理をしてオリンピックを開催した方がプラスなのに、山本七平曰くの「場の空気」がまたぞろ日本を覆っている。重ねて言いますが、マスクは近距離になった場合の飛沫感染を防ぐ手段でしかない。しかしながら現在の日本では、周りに人がいようがいまいが皆マスクをしている。「マスクをしない=悪」という、目的と手段をはき違えた意識に転じているからです。さらに驚いたことには、ある調査ではワクチン注射を2回受けてもマスクをし続けるという人が9割に上ると。理由は白い目で見られるから、習慣になったから。ここまでくると言葉もありません。白い目で見る方がおかしいし、夏にマスクなんて身体に害悪でしかない。一人一人、ここは冷静に論理的に考えて欲しいと切に願います。

 まあしかしながら3か月後、日本の世論はコロッと変わって「やって良かったオリンピック」になっているのでしょう。攘夷から西洋化、鬼畜米英・天皇崇拝から親アメリカ・民主主義へとしなやかに大転換できる国民性なのですから(笑)

Before

After

IMG_20210316_095335.jpg