太陽光発電投資

太陽光発電投資は「ソーラー年金」として多くの人が活用中!

高い利回り約10%  マンション投資(3~6%)に比べとても高い利益。

20年の安定収入  法律により20年間の売電収入が約束されたビジネスです。

メンテナンスも楽々   除草、電気点検など最低限のメンテナンスでOK。

高利回り・長期収入・確実、三拍子そろった太陽光発電投資は今がチャンス!

販売施設紹介

※随時掲載

茨城県筑西市32円低圧

​設置容量              59.325kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      売買    

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系開始       2019年 3月

販売可

茨城県つくば市21円低圧

​設置容量              62.2kW

FIT価格             21円   

​土地取引形態      売買 

​モジュール       ジンコソーラー

​連系時期      2021年 1月

売却

稼働済

千葉県匝瑳市311.85kW

​設置容量              311.85kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      地上権   

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系時期        2018年 9月

連系済

株式会社GEトラスト

東京都千代田区麹町3-5-4 麹町インテリジェントビル9階TEL  03-6261-5947    FAX  03-6261-5948

GEソーラー 3つのプレミアム

Place

​人気の関東エリア、中でも日射量が豊富な千葉県北部・茨城南東部が中心。系統容量が残り少なく希少価値あり!

Modula

実発電量がすごい!安心の国産ソーラーフロンティア。稼働後2~3年はさらに発電量が上昇!まさにプレミアム!

Constrcution

大手住宅メーカーによる高品質施工。見えないところも手を抜かないので、見た目にも美しい仕上がりです。

今月のCEO Message

~ 代表 久保田 誠二のメッセージ ~

アフタ―FITの太陽光             2021年  4

 先日日経一面に、「NTT、セブンに再エネ」との記事が出ていました。NTT(NTTアノードエナジー)が千葉県内にセブンアイ専用の太陽光発電所を2か所新設し、6月から首都圏のセブン40店に電力を供給するという内容です。ここで注目すべきは、対象の店舗は電力供給を東京電力からNTTに切り替えるという点です。昨年の7月、NTTが再エネのメインプレイヤーのポジションを目指してグループ企業を再編していると記しましたが、ようやく実例が出始めたようです。

 

 この形態はPPA(Power Purchase Agreement)と言い、売電事業者と需要者が直接電気の売買契約を結びます。需要者は特定の太陽光発電設備から、「再生可能エネルギーの指名買い」ができるようになり、「当社は100%太陽光発電由来のエネルギーを使用しています」と言えるようになるのです。

 今回のプロジェクト自体は小規模ですが、供給先がセブンアイなのはさすがNTTです。今後もセブンアイグループはどんどん再エネにシフトするので、そこの商流を押さえられれば今後の成長間違いなしという事です。業界トップがこうした動きをすることで、競合コンビニや流通も遅かれ早かれ再エネにシフトしていくでしょう。またこれがパブリシティになり、「再エネはNTT」となってビジネスが一気に拡大する可能性もあります。東京電力も頑張らないと。

 

 実は我々もこうした動きを見越し、今年NTTグループの情報をヒアリングに行ったのですが、コラボなど実作業は3年後くらいですかねえとお話ししました。しかし今回の記事です。時代は一気に動くので注意を怠らず、大手が手を付けようとしないミドルクラスのアフターFIT太陽光発電所の開発にせっせと動いていくつもりです。

半藤一利さんのこと             2021年  3

 1月末、歴史探偵こと半藤一利さんが老衰で亡くなりました。享年90。第二次大戦に至るまでの昭和史研究を中心とし、司馬遼太郎とならぶ日本を代表する歴史家だと考えます。私は中学生の時に「日本の一番長い日」岡本喜八版をテレビで見ました。原爆を二つ投下され何十万人もの市民が一瞬で死に、北方では強大なソ連軍が攻めてきたのに、日本のエリート軍人たちが現実を見ずひたすら自分たちの理屈で戦争を続け、あまつさえクーデターすら企てようとするその馬鹿さ加減に衝撃を受けました。国を無謀な戦争に導き、300万人を死に追いやった本質が見えた気がしたものです。その当時原作は著名ジャーナリストの大宅壮一となっていたのですが本当の作者は半藤さんで、随分と後年になって作者の表記が変わりました。

 

 「ノモンハンの夏」を読んだ時も衝撃を受けました。詳細な調査によって、ノモンハンにおける辻政信を代表とする高級軍人の出鱈目な精神主義が浮き彫りとなり、これが「事件」などではなく「戦争」であった事実がこれでもかと描かれていたからです。「昭和史」「幕末史」では口語調で歴史の真実がわかりやすく語られているのですが、その口調が下町べらんめえ調で痛快極まりない作品でした。

 半藤さんが素晴らしいのは、これらを文藝春秋社の役員を退任された65歳以降で著されたことです。60代も半ばになれば、しおれてしまう人々が殆ど。しかも日本を代表する出版社の専務まで勤め上げれば、達成感半端ない。なのに「ようやく時が来た」とばかりに、詳細な調査をもとにした傑作を次々に発表していった。「日本の一番長い日」平成版の封切り記念対談で拝見しましたが、当時齢80半ばにして矍鑠とされていたことが蘇ります。さらに亡くなる直前まで原稿を書き、チェックをされていたとのこと。人生100年時代の生涯現役、ライフシフトの見本のような人ではありませんか。

 

 まあ半藤一利さんの場合は一般人と違い、文藝春秋という大出版社で編集者時代から歴史を研究していたという特殊条件があることは否めません。一般人が60代になって歴史の研究をしたり、著作を発表したりできるようにするためにはどうするか?私はいつものように、投資用の太陽光発電所を持つのがベストだとお答え致します。50代でキチンとした企業に勤めていれば、融資で発電所を複数所有できるのではないでしょうか。そうすれば年収400~500万アップ!心も懐も余裕ができる。その状態から皆さんも、半藤さんのスケールは無理でしょうから郷土の歴史探偵なぞ目指されるというプランはいかがでしょうか(笑)

Copyright(c) GE Trust Co. All Rights Reserved.