太陽光発電投資

太陽光発電投資は「ソーラー年金」として多くの人が活用中!

高い利回り約10%  マンション投資(3~6%)に比べとても高い利益。

20年の安定収入  法律により20年間の売電収入が約束されたビジネスです。

メンテナンスも楽々   除草、電気点検など最低限のメンテナンスでOK。

高利回り・長期収入・確実、三拍子そろった太陽光発電投資は今がチャンス!

販売施設紹介

※随時掲載

茨城県筑西市32円低圧

​設置容量              59.325kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      売買    

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系開始       2019年 3月

販売可

千葉県匝瑳市311.85kW

​設置容量              311.85kW

FIT価格             32円   

​土地取引形態      地上権   

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系時期        2018年 9月

連系済

茨城県桜川市73.2kW

​設置容量              73.2kW

FIT価格             24円   

​土地取引形態      売買 

​モジュール       ソーラーフロンティア

​連系想定時期    2020年 夏

販売中

株式会社GEトラスト

東京都千代田区麹町3-5-4 麹町インテリジェントビル9階TEL  03-6261-5947    FAX  03-6261-5948

GEソーラー 3つのプレミアム

Place

​人気の関東エリア、中でも日射量が豊富な千葉県北部・茨城南東部が中心。系統容量が残り少なく希少価値あり!

Modula

実発電量がすごい!安心の国産ソーラーフロンティア。稼働後2~3年はさらに発電量が上昇!まさにプレミアム!

Constrcution

大手住宅メーカーによる高品質施工。見えないところも手を抜かないので、見た目にも美しい仕上がりです。

今月のCEO Message

~ 代表 久保田 誠二のメッセージ ~

資産運用エキスポ               2020年 2、3月  

 人生100年時代。老後の年金は2000万円不足するという事実が発覚してから、40代以上でそこそこ収入のある人々は資産運用に真剣に取り組み始めた印象があります。先日、東京ビックサイトで開かれた資産運用エキスポをのぞいてきました。太陽光発電投資のブースがとても増え、全部で20弱ありました。それに対しマンション、アパートなどの不動産投資には勢いに陰りを感じました。それはそうですよね。ここまで上がってしまうと、あとはいつ下がり始めるのか待つだけでしょう。私は15年前6000万円で豊洲のマンションを購入しましたが、今それが7200万円。築15年のマンションの値段が1.2倍。うれしくともなんともなく、まさにバブル再び。人間は同じことを繰り返すんですねえ。

 

 太陽光のブースは活況を呈していて、投資を検討している皆様が熱心に説明を聞いていました。太陽光投資が、ようやく一般の人々にまで浸透したのですね。再エネ法が施行されたのは2012年ですから、ここまでくるのに8年かかったわけです。再エネ法施行後、キャッシュリッチな企業や投資に慣れた人々は、FIT40円、36円時代にすぐに発電所を購入し利益を上げ、そこにグリーン投資減税や設備投資減税をからませて節税まで行っていました。儲ける人々は「儲かる仕組み」に敏感で、行けるとなったらすぐに実行に移します。一般の人々はようやく今になって「マンションもそろそろダメそうだから、太陽光でも検討してみるか」となっているわけです。やはりこの差がおカネの差になるんだな、としみじみ思います。

 

 各ブースで話を聞くと、FIT18円、14円で数百施設の開発を行っている会社がいくつかありました。我々はFIT21円の時、関東圏では送電容量がなく数年待ちと複数エリアで言われ、それ以降開発をあきらめてしまった経緯があります。おそらく、その後連系工事負担金を払わない権利を取り潰したことで、新たに送電容量に余裕が出て再び開発が可能になったのでしょう。頑張りぬくことの大切さを改めて痛感し、自分に恥じ入った次第でありました。

太陽光発電所の窃盗事件     2020年 1月  

 2020年、いよいよオリンピックイヤーを迎えました。昨年はラグビーワールドカップで日本中が盛り上がり、人々の高揚した気持ちは日本経済にも好影響を及ぼした気がいたします。前回、「当社の売電収入は年間5000万円。太陽さえ出れば売上げが上がり、日々の細かい業務が発生しません。映画、演劇、登山など趣味にたっぷり時間を割き、美味しいお食事とお酒を味わいつつ、ゆとりある人生を楽しんで参りたいと考えております。」と太陽光発電事業の素晴らしさを記しました。しかしながら昨年暮れ、お客様の発電所が大きなトラブルに見舞われてしまいました。

 

 暮れも押し迫った12月末、当社が開発・販売した茨城県低圧5区画発電所が、泥棒に入られてしまったのです。盗まれたのは銅でできたケーブル線で、外しやすく追跡しにくいので盗難事件が後を絶ちません。我々も規模の大きい高圧発電所のオーナー様にはALSOKや保険などをお勧めしているのですが、今回は低圧の発電所なので泥棒も入らないだろうと思い、そういったアドバイスはしませんでした。この規模の銅線を売っても、5万円程度にしかならないでしょう。貧困が進み、犯罪にもデフレの波が押し寄せているのかもしれません。恐ろしい事です。

 

 赤外線探知機などの大掛かりな防犯システムを導入すると相当なコストになるので、低圧発電所の対策としては保険が現実的かと思います。しかし一方で、昨年猛威をふるった台風15号、19号などの影響で、保険料が急激に上昇した事実があるのです。どこまでカバーする保険に入るのか、費用対効果をキチンと考えなければなりません。「太陽光発電事業は確実に儲かる」この事実に揺るぎはありません。しかしながら当社も数多くの低圧発電所を所有しており、今後どのような対策をとるか年明け早々悩ましい日々を送っております。

Copyright(c) GE Trust Co. All Rights Reserved.