CEO Message

2017年1月 土地を再生し、暮らしのお手伝いを

 

 明けましておめでとうございます。

 

 昨年GEトラストは、神栖市横瀬712.8kW、小美玉市高崎414.72kWなど低圧から高圧(主にミドルクラス)まで、2メガ程度の太陽光発電所を世に送り出しました。基本的に当社は私と渡邉だけで回しております。堀江貴文さんいわくの「プロフェッショナル同士のアライアンス」によって大きな組織にはせずに成果を上げることができており、誇らしく思います。

 昨年12月末に系統連系した、小美玉市高崎の発電所も思い出に残る仕事となりました。地主さんや周辺の方の要望もあり用地南面にあった小高い竹の丘を削ったところ、地域全体がまるで違う土地のように開放感にあふれ、とても感謝されました。ところが削った土を用地全体にならしたところ、9月の豪雨で一部が泥水となって周辺に流れたため、排水対策を抜本的に変更。用地中央に巨大な穴を掘り、排水用の粗い砂利を入れ、水がそこに集まるように土地に勾配を付けました。結果として磐石の施設となったのです。

 高崎発電所は周辺が住宅だったので、皆さんから様々なリクエストを頂き、真摯に答えさせて頂きました。日本の大地を再生し、人々の暮らしにちょっとだけお役に立つ。我々にとっての「地図に残る仕事」、今年も増やしていきたいと思います。