CEO Message

2015年7月 岐阜県本巣市の6施設、連系

 

 7月15日、岐阜県本巣市の低圧太陽光発電所6施設の系統連系が行われました。この6施設は、岐阜のパートナー企業・トライさんとのコラボレーションです。岐阜県本巣市は、全国的にみても非常に日射条件が良いエリアです。しかも周りは田んぼ。太陽を遮る物など何もありません。施設横の小川ではいまだに蛍が育ち、6月を盛りに数多くの小さな光が宙を舞うのだとか。お天道さま相手の商売なので、夜来れないのがちょっと残念。

 

 発電施設も、堂々たるものに仕上がりました。パネルとパワコンは国産・三菱電機の純正。太陽に対する傾斜角も20度あります。当初多くのメーカーから「傾斜角10度も20度も、発電量はそう変わらない」と言われましたが、実際のトラックレコードで比較してみるとやはり差が出てきます。当社ではできる限り傾斜角20度で設計しています。アレイ間の隙間が狭くて冬にちょっと影がかかっても、20度による夏の日射量を優先した方がおトクという考え方です。

 

 雑草対策には、厚手の防草シートを敷いた上に砂利敷きという「そこまでやるか」という念の入れ方。さらにさらに。トライさんは発電所の近くに事務所があるので、5年間はO&M(Operation&Meintenance=保守管理)は無料という、本当に良心の固まりのような発電所です。お客さまにも大変満足して頂けました。トライ社長の森田さんも律儀で実直なお人柄で、「良い発電所を作ろう」という志が共有できます。「太陽光発電所は金融商品」と割り切り、コストダウンのみ考えて粗雑な施設を作る事業者が数多く見受けられるのは、本当に残念です。きちんとした発電所を作り、不具合なくしっかりと発電し、お客さまに喜んでいただく。あたりまえの事を繰り返すことで、GEトラストのブランドバリューを高めていきたいと考えます。